【友田真希】声を出せない状況だからこそ感じてしまう。隣に夫がいるのに・・・

声を出せない状況だからこそ感じてしまう。隣に夫がいるのに・・・
動画が見れない場合はこちら

ある夜、酔った夫が友人を連れて帰って来た。そして私は、その友人の事を以前から知っていた。
阿部隆介、知り合ったのは6年前だ。当時勤めていた会社の同僚であり、元カレでもあった。
彼は、夫の目を盗み密かに私を求めてきた。力づくで迫る彼に抵抗したくても夫が隣にいるので声が出せない。
歯を食いしばり必死で声を押し殺していた私は、いつしか夫が隣にいる状況に興奮を覚えた。
心では抵抗しても身体が彼を求め始めて…。